会社概要

Maxava はIBM iプラットフォーム向けの高可用性 (HA)、災害対策ソリューションとモニタリング、およびサービスをグローバルに提供しています。Maxavaは主に日本、北米、ヨーロッパ、オーストラリア/ニュージーランド、およびアジアで事業を
展開しています。

我々のソリューションは、従来のライセンスモデルのチャネルを通じて、サブスクリプション、SaaSなどにてIBMiのお客様を
20年に渡ってご支援させて頂いております。

Maxavaは全世界で2000以上の成功事例を持ち、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域等の支社から40ヶ国以上のお客様に昼夜
問わずサポートをしてきた絶対の自信を持っています。

Maxavaの最も優れている技術的利点は、優れた性能とシンプルな操作にあります。「クラウド」ソリューションが拡大する可能性を早くから認識していたMaxavaは、2007年より、IBM iクラウドベースの事業継続 (BCP) ソリューションを強化するために
集中的なサポートと多額の投資を行ってきました。その結果として、Maxava HAはマーケットの最前線に立ち続けています。

Maxava 日本

Maxava は2005年にIBM i (AS/400) の日本市場へ参入して以来、11年以上に渡りビジネス展開しています。当時より、IBM i (AS/400)の災害対策ソリューションプロバイダーとして、多くのIBM i のお客様のシステム二重化、事業継続(BCP)をご支援し、現在、Swatch, オリックス信託銀行を含む50社以上のお客様にご利用頂いております。

また、グローバルでのIBM i のHA (システムの二重化等)市場やモバイル、クラウドを活用したビジネスの激変やサプライチェーンの協業環境強化等により、IBM i のシステム強化とそれに伴うシステムの二重化を背景に、2017年2月に改めまして日本法人を立ち上げ、Maxava株式会社として再スタートしております。

IBM i プレミアムディストリビューターであるイグアスを初め、ベルデータ、ミガロ、スターコンピューターサービス

岡谷システム等のパートナー様に沢山のご支援を頂き、ビジネス拡大・強化を進めております。

Maxava オーストラリア/ニュージーランド

Maxava は16年以上にわたってANZ IBM i市場で注目を集め続けています。この地域の営業はシニアバイスプレジデントの
Simon O’Sullivanが統括します。様々なビジネスパートナーや顧客へサポートを提供する現地の営業担当者、マーケティング担当者、プロジェクトの提供担当者、実装担当者、テクニカルサポート等がSimon O’Sullivanを強力にバックアップしています。

Maxava は、Bendon、Noel Leeming Group、Foxtel、Revlon、QBE Insurance、MarleyおよびWestpacなどのオーストラリア・ニュージーランド地域の有力企業のお客様をサポートしています。

従来のプレミスベースの高可用性(HA)および災害復旧製品に加えて、Maxavaは、オーストラリアとニュージーランドの安全なデータセンターからサービスを提供します。クラウドベースのモデルを提供することで、この地域のマーケットをリードしていますMaxavaは、Computer Merchants、Datacom、Dimension Dataなどのマネージドサービスプロバイダと連携しています。

Maximum Availability Limitedはニュージーランド国内で登記された会社です。

Maxava 北米

Maxava は 10 年以上にわたって北米のIBM i市場に優れたソフトウェアおよびサービスソリューションを提供してきました。現地の事業運営は事業開発部バイスプレジデントのJohn Dominicが指揮を執り、IBM北米のビジネスパートナーおよび
「フォーチュン500」に掲載されている多くの企業の顧客に対して、販売、マーケティング、プロジェクトの実施、導入、
技術サポートを提供するフルサービスチームの支援を行っています。

Maxavaのソフトウェアは北米全域のお客様に導入されています。International Fidelity Insurance Companyをはじめとする、Sports Authority、Skechers、Rubbermaid、Hyundai、Sunkist、Turner Broadcasting等の数多くの企業への導入実績があります。

フィラデルフィアの北米本社には、技術プロジェクト、管理、営業、マーケティングのスタッフが勤務しています。
また、Maxavaでは24時間体制でシームレスなサポートをお客様に提供するため、アトランタとロサンゼルスに地域販売所と
サポートセンターを設置しています。

加えて、Maxavaは高可用性(HA)および災害復旧のIBM iクラウドベースソフトウェア開発の最先端企業でもあります。

Maxavaパートナーは、米国内の大手IBM i VAR、ISV、マネージドクラウドサービスプロバイダーであり、Meridian IT、Oxford Networks、MindSHIFT、SunGardなどのIBM Beacon Award受賞歴のある企業が名を連ねます。こうしたパートナーは、

IBM i クラウド復旧用製品の中核に Maxava のソリューションとサービスを採用しています。

Maxava LLC はデラウェア州で登記された会社です。

Maxavaヨーロッパ、中東、およびアフリカ

Maxavaは2001年に欧州、中東、アフリカ地域(ヨーロッパ、中東、アフリカ)で初めての高可用性(HA)および災害復旧ソリューションを展開しました。Mark Scanlonが Maxavaの欧州、中東、アフリカ地域の事業運営を指揮しており、彼はヨーロッパに拠点を置くチームを統括することで、地域全体で営業、プロジェクト納入、実装、テクニカルサポートに焦点を当てた優れたサポートを常に提供しています。

Maxavaのクラウドおよびインフラストラクチャサービス部長であるScanlonはMaxavaのロンドンオフィスを拠点としています。

欧州、中東、アフリカのエリアのお客様の中には、Walkers Shortbread、任天堂、Kuehne Nagel、Bentley、およびPearson Educationなど有名企業があります。

Maxava は、Meridian IT、Life IT、Onyx、Blue Consult、NCT、Data Balanceなど、数々の優れたIBM iリセラーおよびマネージドサービスプロバイダーと協力し、品質、多言語サービスおよびサポートを確実にお客様に提供します。

Maxavaのソフトウェアは、プレミスベースの高可用性(HA)および災害復旧ソリューションにおいて、その成果が実証された実績に加えて、地域全体のクラウドベースのビジネス継続性ソリューションの提供においてMSPの成功を支え続けています。

Maximum Availability Limitedは英国内で登記された会社です。

Maxava アジア

Maxavaはシンガポール、マレーシア、インドネシア、香港、フィリピンなどの多くのアジア諸国で基盤を確立し、急成長を遂げています。

この地域の営業は上級副社長のSimon O’Sullivanが総括し、Darius Cercadoがアジア地域テクニカルサポートチームの調整と指揮を担当しています。

Maxavaは2004年にマニラに拠点を置き、最初の顧客を獲得した12年以上前から、アジアでの事業構築を始めました。

Maxava のアジア地域のお客様の中には、Ikea、Skycable、Western Digital などの多数の有名企業があります。
地元のパートナーと連携し、最高品質の営業とサポートサービスに支援された優れたソフトウェアソリューションを地域に提供しています。

Maxavaのパートナーリストには、多くの有力なIBM iビジネスパートナーが掲載されており、その中にはPT Warna Bintang Kreasi、Fritz&Macziol Asia Inc、AS Networks、および Trilliumも含まれています。

社名:

Maxava 株式会社

本社:

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南3丁目1-1

恵比寿グリーングラス819号室

設立日:

2017年2月

資本金:

1000万円

役員:

Director: Allan Campbell
Director: Simon O’Sullivan
Chairman/Director: Lucas Oliver-Frost

カントリー
マネージャー:

西橋 久陽

主要取引銀行:

三菱東京UFJ銀行

パートナー

マーケティング担当:

川合 弘恵

最新の価格表はこちらをクリック