MAXAVA CPR

MaxavaのCapture Point Restore (CPR)はこの分野の最初のソリューションであり、過去のIBM i データを復元する “ごみ箱” として機能します。 設定されたファイルは完全削除される前に最後のトランザクションまでキャプチャーされ、必要に応じて復元できます。 予期せぬ削除や破損の場合にも、Point-in timeリカバリで、直ちにデータ復元が可能です。

誤って削除された場合、直ちに復元

ロールバックで破損ファイルの復旧を即座に実行

データファイルのロールバック&フォワード

イベント型トリガーアーカイブで安心を提供

信頼のPoint-in-timeリカバリ

アーカイブ先はIBM iもしくはnon-IBM i、ローカルまたはリモートおよびクラウドストレージと自由に選択可能

Point-in timeリカバリ機能は重要データを破損から守り、ビジネスプロセスの不備や不測の事態による予期せぬIBM iデータ損失への防衛線となります。

Maxava CPRの導入
IBM iのアーカイブソリューション

トリガーキャプチャーポイント

システム上の重要データが変更される前に、直ちにリアルタイムで重要データのスナップショットを取得します。スナップショット取得をスケジュール化し、アプリケーションのプロセスの一部としてCPRタスクを組み込みます。

スナップショットの保存

保存スナップショットの数と保存期間を設定できます。Maxava CPRのオプションを使用しデータ保存を行います。

復元オプション

Maxava CPRは復元データを本番環境へ慎重に戻します。ビジネスを中断することなく、重要なデータを復元および

分析します。

確実なプロセス

Maxava CPRのオペレーションは実績と信頼性の高いIBM及びMaxavaの機能が基盤となっています。

Maxava CPRをご体験ください

 

ライブデモを依頼いただき、Maxavaがどのように貴社の監視要件を満たすかご確認ください。